住宅ローンをスピード完済した家

地球にやさしく貯金も増える暮らし

実家の断捨離【9老後快適移住大作戦】

⑨私がやった最大級の親孝行【老後快適移住大作戦】実家の断捨離

こんにちは

 3年間グループホームで暮らしていた祖母が、昨年100歳で他界しました。

 グループホームに移り住む際に、亡き祖父と祖母が自宅で使っていた家財道具の大部分を処分しました。グループホームでの生活に必要なベッド、タンス、衣類、テレビ、一人分のイスが、おばあちゃんの持ち物の全部になりました。一人部屋に収める必要最低限の荷物です。

 おばあちゃんが亡くなったその日に、祖母の荷物はポリ袋に入れられてゴミになりました。私は故人の愛用品がたちまちゴミに変わる瞬間を目撃しました。

 

遺品整理 手間と費用の問題

 おばあちゃんの荷物は、グループホームの一部屋にあるのが全てだったので、臨終に集まった親族によって小一時間で片付きました。以前、祖母が自宅を引き払う際に、4人の子供(70代)と家を引き継ぐ孫夫婦(50代)で家具や不要品を手分けして片付けていました。

 「遺品整理代行」って聞いたことありませんか?両親が亡くなった後の実家に家具と荷物が残されて、物が大量だったり、実家が遠方だったりして自分では処理が難しい場合があります。遺品整理と不要品の片付けを代行してくれる業者で、料金は処分品・作業量で大きく変わります。150万円かかったという話を聞いた事があります。

 私は犬の散歩中や近所で、遺品整理代行業と思われる作業員がチームを組んで、大型トラックに次々と荷物を運び込んでいるのを見かけた事があります。

 

 以前、不要品処理回収業者が不法投棄で逮捕されたニュース報道がありました。その時のコメントが「分別するのが大変で不法投棄してしまった」というものでした。そうなんです!本当に不要品の処分分別というのは、手間がかかって面倒な作業なんです!


f:id:midoer:20191016171716j:image

断捨離 必要に迫られればやるしかない

 私の実家の4LDK+ロフト物置+車庫には、45年間に溜め込んだ家具や荷物が山ほどありました。人間、スペースがあると必要もないのに、家具をもらい受けたり、クローゼットに入り切らないほどの服を買い続けたり、制限なく物が増えます。

 両親が老後の移住先として契約を決めた賃貸マンションは、3LDKで使う物だけ持って行き、あとは全て処分です。もう余分な物を置くスペースはないので、とりあえず所有するという甘えは許されません。本当に必要な家電、家具、荷物以外は、どんどん一般ゴミ・粗大ごみで処分していきます。

 

<引越スケジュール>

  • 7月   引越先の物件探しを本気で始めた
  • 8月中旬 引越先のマンションを契約
  • 9月末  賃貸マンションの家賃が日割で発生
  • 10月中目標で現住まいを片付けて引越をしたい
  • 10/17に引越決定 引越し業者複数に見積もりを依頼、料金の安い平日で予約可能な日

 つまり実家の片付けの期限は10/17になりました。約2ヶ月間で全てを片付け、引越し準備をしなければなりません。

 

<早々に着手した事>

  1. ブックオフ(家具の無料出張買い取りを行っている店舗)へ電話で予約申し込み、家具の引き取りを依頼
  2. 家具の中身を処分し、粗大ゴミの申し込み
  3. 不要品を捨てる物とリサイクル店へ持って行く物に分ける
  4. 大きなゴミ袋にいらない物をどんどんつめて、通常の収集日の度に捨てる
  5. 兄二人が実家に置いている私物の撤去依頼

 

 私は8月中旬〜10月中旬まで、毎週数回実家を訪れ、両親と私と3人でひたすら片付けを続けました。私の家から実家までは車で40分前後、ほとんど毎回帰りにブックオフに立ち寄り、不要品を処分していました。

 使える物を捨てるのは忍びないのでブックオフの存在はとてもありがたいです。下手をすると持ち込みの品の半分以上は「お値段がつきませんがどうされますか?」と確認され、無料で引き取ってもらうカタチでした。

 未使用の食器やタオルなどの日用品には、数十円〜数百円の買い取り金額がつき、合計金額が数千円になる事もありました。

 大正琴(楽器)など一般的でない物で店側が引き取りを断っていて、持ち帰るしかない場合は面倒でした。だから無料でも店が引き取ってくれると安心しました。

 実家でめいいっぱい片付けをした後、夕方帰りがけにブックオフに寄るのですが、買い取りカウンターに待ちがでている日は時間がかかり、帰宅時間が遅くなってしまう事も度々でした。

 私は週3のパート勤務ですが、自宅の家事もあるので大変な時もありました。ただ、夫も中1の娘も理解してくれて、夕食の支度が間に合わずにサバ缶とみそ汁で済ませても許してくれました。


f:id:midoer:20191016171610j:image

70代の母も断捨離がんばりました

 7、8、9、10月と毎月粗大ごみを申し込んでは処分し続けました。

  • 石油ストーブ×2
  • パソコンデスクラック×2
  • パイプハンガー×3
  • 本棚×2
  • パイプベッド×2
  • 電子レンジ収納棚
  • 食器棚
  • 掃除機、扇風機、オーブントースター
  • テレビ、小型冷蔵庫
  • 4人掛けソファー、1人掛けソファー×2
  • 長テーブル
  • 大きなゴミ箱×3
  • 額縁類
  • カーペット敷物
  • 板材、パイプ類

 

 大きな物だけでも、ざっと30はあります。特に粗大ごみの申請で面倒なのが、木材は各辺の長さをメジャーではからなければならない事でした。

 父が日曜大工が好きで、手作りの棚などを作っていた関係で板材やパイプ類が車庫に大量にありました。

 

長兄の残置物が多過ぎる

 私は三人兄弟の末っ子で、兄が二人います。三人とも10年以上前に結婚独立しています。私と次兄は私物をほとんど残していませんが、長兄は家具も私物もかなり残置(ざんち)放置しています。

  • 金属製の大型ラック
  • 大きな本棚
  • パイプベッド
  • 古いパソコンとプリンター
  • パソコンデスクラック
  • その他もろもろ

 

 棚やクローゼットの中には、物や服が大量に残されています。

 移転先のマンションを契約した8月中旬に、両親が長兄に部屋の私物を片付ける様に伝えてあります。何週間経っても、長兄が片付ける気配がありません。(長兄の家から実家までは車で30分)

 9月に入り、引越の日が10/17に決まったので、私は確認がてら、片付けを促す電話を長兄にしました。

私:「引越の日が決まったから、早く片付けて。部屋の家電は業者か粗大ごみに出しちゃうよ」

長兄:「わかってる。引越までには片付けるから手を出すな」

 ムカッ!!10年以上、私物を大量に放置しておきながら、この期に及んで誠意が感じられない!

 ただちに片付ける姿勢を見せない兄に、私は腹立たしい気持ちでいっぱいなのでした!  つづく、、、

 

今日のまとめ

  • 人生の途中に断捨離は重要
  • 私物を大量に残して亡くなったら、残された身内が苦労する=片付け作業は重労働
  • 遺品整理代行を依頼すると、作業量によりかなりの料金になる場合も多い
  • 不要品の処分には、リサイクル店の無料回収や店頭持ち込み。市の粗大ごみ申し込みを利用すると安価で済む