住宅ローンをスピード完済した家

地球にやさしく貯金も増える暮らし

やる気のある営業マンとの出会い【6快適移住大作戦】

⑥私がやった最大級の親孝行【老後快適移住大作戦】やる気のある営業マンとの出会い

こんにちは

 東京都では、70歳以上で申請できる「東京都シルバーパス」で都営交通と都内のバスが乗り放題です。同様に、私が住む横浜市では「敬老パス」で横浜市営地下鉄と市内のバスが乗り放題です。ただ私の両親が45年間住んでいた川崎市には私鉄のみで市営の鉄道がありません。全国の都市に存在するであろう高齢者向けのパスにも、市営の鉄道の有無によりお得度に差が出ますね。

 

開業して数年か開業予定の鉄道は穴場

 便利なマンションに引越して快適な老後を送ってもらいたいと、私が提案して両親と物件の内覧を重ねていました。ところが完全に私のいさみ足だとわかり、賃貸マンションの契約直前で白紙に戻したのでした。

私:「うーん。お父さんも満足できて、ここなら住みたいと思う理想のマンションないんだろうか、、、」

母:「○○(長男の名前)が『市営地下鉄ブルーラインにこだわらずに、グリーンラインでも探してみたら』って言ってたわよ」

 グリーンライン?2008年に開業した全10駅の市営地下鉄で、港北ニュータウンの中心部のセンター南とセンター北の2駅はブルーラインと並走?共有しています。

 両親の現住まいでは、この先、買い物も通院もままならなくなるので、引越しを断念するわけにはいきません。利用した事も、なじみもない路線ですが、横浜市営地下鉄グリーンラインで物件探しを再開しました。ネット検索で賃貸マンションを3駅10物件ほど候補にしぼり込みました。

 

f:id:midoer:20191010232850j:plain

やる気のある営業マンと良い物件との出会い

 私は特に気になる物件のお問い合わせ番号を数件入力し、サイトから内覧希望を入れました。条件、駅、徒歩分、家賃、間取り、高齢者の両親が住む事、連絡先は娘である私の電話番号を入力し登録しました。ほどなくして不動産会社の女性営業マンから電話がかかってきました。私は来店日時を告げ、、、

私:「すみません。これまでブルーラインの物件を見てきたのですが、不動産会社へ来店後、内覧に行くまで1時間かかっていました。両親も高齢ですし、店舗であまり時間を取らずにすぐ内覧に出掛けたいのですが、、、」

営業マン:「わかりました。すぐに内覧に出られる様に、私の方でも準備しておきます」

 何か今までの営業マンとは、全然違う、、、やる気を感じる。不動産会社4社目にして初めて期待できそう。サイトやメールの問い合わせをスルーする会社も数ある中、電話をくれた営業マンは初めてでした。

 8/1物件探し5回目、私と両親は不動産会社の店舗を訪れました。先日電話でやり取りをした女性営業マン□□さんがやさしそうな笑顔で現れました。「必要事項の記入をお願いします」

 両親の希望を伝えて、ある程度の確認を終えると早速、□□さんの運転で車で内覧へ向かいました。あいにく大雨の日で、高齢の両親を気遣って物件マンション前で車から降ろしてくださり、□□さんはコインパーキングに車を駐車して大急ぎで戻ってきました。この日は、私がチェックを入れていた物件と□□さんが候補に加えた計4件の内覧をしました。

 これまで見て来た物件よりも都心に出にくい分、家賃の価格帯は下がり、マンションの造りもグレードアップしました。父がもっとも優先する眺望も桜の木や緑地が見えて、なかなかです。

父:「ここだったら前に決めようとしていたマンションよりずっと良い。気に入った」

 父は多少、気を使っているのかもしれませんが、この日、父の眼鏡にかなう物件にようやく出会い、本格的に自分のマンション暮らしを考え始めた様でした。  つづく、、、

 

今日のまとめ

  • 賃貸も分譲も物件探しで行き詰まったら視野を広げて別の路線、街も検討してみる。
  • 私が接した不動産会社の営業マンは受け身の人が多かった。やる気のある営業マンこそ物件探しの味方。
  • 私が出会った女性営業マンは①すぐ電話をくれて②すぐ調べて③すぐ内覧に連れていって、くれました。

 この一連の①〜⑥まで読んでくださっている方、感謝です。まだつづきます。ぜひコンプリートしてください。未読の方はこちらから①に飛べます↓

 www.midoer.work