住宅ローンをスピード完済した家

地球にやさしく貯金も増える暮らし

学校に行きたくないのは その子のせいじゃない

こんにちは

 うちの一人娘が赤ちゃんだった頃、非常に人恋しい性格で抱っこしていないとすぐ泣くので、毎日が抱っこマラソンでした。中3になった今でも「お母さん、こっちに来てー。サリーも!」と私と飼い犬をそばに呼び寄せて、生きる力を充電している様です。

「心の基地はおかあさん」平井信義 著

 以前に私が読んだ本です。「心の基地」興味のある方は参考になさってください。

 

やさしい子に育っていると感じます

 親の欲目もありますが、娘はとてもやさしい子に育ってくれています。人が嫌がる事はまずしないですし、他人の痛みも自分の事の様に感じてしまいます。

 娘は人に譲ってばかりで、いつも自分のことは後回しです。お店や観光地などで、私が何かに気を取られていると、、、

娘:「お母さん、ほら人が通る(見る)からもう少し端に寄って」

 私も子供に注意される立場になってきました。

 

 娘が小学生の頃、同じ班の子が給食の時間にみそ汁をこぼしてしまったそうです。娘は自分のハンカチで、その子の机のみそ汁を拭いてあげました。その日のハンカチは、娘が4枚しか持っていないサンリオのキャラクターの1枚でした。

 あとのハンカチは私が布で作ったハンカチばかりで、貴重なマイメロディちゃんのハンカチを差し出せるなんて、我が子ながらエライなと思いました。

 

 ある日、私が陶芸で作った「鍋に引っ掛けられるお玉風スプーン」の2つのうち、どちらを知人にプレゼントするかで迷っていました。

私:「ねえ、片方を友達にあげるんだけど、どっちにしよう?」

 娘は迷わず、形も良く色もきれいに発色している方を指差しました。



犬のツメ切り 黒ツメから出血!

f:id:midoer:20190920232339j:image

 飼い犬のサリー(シェルティ)のツメを切る時に、私がサリーをおさえて、娘にツメ切り(犬用の爪切り)をお願いしました。娘の方が私より手先が器用でデリカシーがあるので、その役割にしました。

 うちの犬は、ほとんどが黒ツメなんです。数本の白ツメは神経?血管?が透けて見えるので、どこまで切って大丈夫かわかりやすいです。その点、黒ツメは黒くて神経が見えないので白ツメを参考に勘で切ります。

私:「どうせ、すぐ伸びるからけっこう切っちゃおう」

 何本目かの黒ツメを切った時に、キャインッ!!!

 サリーのなき声と同時に、黒ツメから血が出てきました!急いでティッシュで出血したところをおさえました。

私:「ごめん!サリー、私が変な事言ったから、、、○○(娘の名前)は悪くないよ。私のせいだよ」

 娘の目から大粒の涙がまさにポロリと落ちました。

娘:「ごめんね。痛かったね。サリー、、、」

 娘がポロポロと涙をこぼして泣いています。

 サリーは一声キャインとないただけで、娘の涙をペロペロなめていました。

 アバウトな性格の私のせいで、娘とサリーを傷付けてしまいました。反省、、、以後気をつけます。

 サリーは、まあまあ出血していましたが、しばらくティッシュでおさえていたら、やがて血も止まりました。サリーの歩き方を観察していたら、痛そうにはしておらず大丈夫そうでした。

f:id:midoer:20190920232423j:image

 

やさしいと生きづらい世界 学校

 昨年度、娘がクラスでいじめにあった時、数日の早退、欠席、保健室への避難でなんとか進級まで耐え抜きました。そのクラスには娘の他に2人、登校できていない子がいました。

 担任の先生と学年主任の先生に娘のいじめの事を相談しました。学年主任の先生には「○○(娘の名前)さんは、特に感受性が強いですからね」と言われました。

 結局、攻撃してくる生徒への注意は一切されず、娘にはスクールカウンセラーとのカウンセリングが設けられただけでした。しかも予約がいっぱいで空いている枠がなく、翌月の昼休みの時間に急きょ組み込まれました。

 先生は、娘の感受性が強過ぎるせいにしたけれど、実はカウンセリングを必要とする生徒が多くて予約が取れないって?何なんだ!私は学校というものが恐くなって、担任の先生に不登校の生徒が何人いるのか質問してみました。

先生:「個人情報なので、お教えできません」

 

 進級、クラス替え以降、現在の中3のクラスになって、朝、娘は「学校に行きたくない」と言わなくなり、普通に登校しています。

 しかし、今のクラスにも不登校の生徒が2人いて、昨年の2人とは別のお子さんなので、私が知っているだけでも4人はいます。

 

 最近、娘は昨年の自分のいじめの件を学校の課題の人権作文に書きました。娘の友達も、娘のいじめの事を書きました。

 娘づてに聞いた友達の作文の概要としては「発言力のある生徒が人を攻撃していても、とがめられる事もなく、むしろ先生から評価されているのはおかしい」というものでした。

 私も「発言力のある生徒が中心で、おとなしい生徒が我慢をしいられる現状」に疑問を感じてきました。学校現場というものは、きっと多くの事情がからんでいて理想通りに教師が指導できない何かがあるんだと思います。

 きっと先生も、すぐにいじめを注意できるものならやっていますよね。注意できない何がそこにあるのか?先生、誰か定年退職したら「学校の先生の本音」知りたいです。教えてください。

 

今日のまとめ

  • 私が娘を通して見る中学校は、やさしい子が生きづらい世界になっていると感じます。
  • 陽キャラ、評価、成績、、、そんな言葉ばかりが娘の口から出てきます。
  • 「学校に行きたくない」理由をその子のせいにしないで!大人の責任だと、先生も自分の責任でもあると考えてほしいです。(私も親の責任でもあると考えます)
  • 教室に行けなくても保健室への登校を続けている生徒もいます。(しょうがない事とあきらめないで、模索し手を差しのべ続けてほしいです)