住宅ローンをスピード完済した家

地球にやさしく貯金も増える暮らし

転倒 その後のフォロー

こんにちは

  大人になって転んだことありますか?私は40代後半ですが、ここ5年くらいの間に3回ほど転んでいます。3回とも擦り傷程度でした。 人間、転んだ時の精神的ダメージがかなり大きいことをその3転びで痛感しました。

 よく、小さな子が転んだりするとお母さんが「自分で立ちなさい」とか 厳しく言ったりもするけれど …

 体の痛みやケガが軽くても、転んだという事実 がすごくショックなのです。だから転んでしまった時に、しっかりしろ的なことを言われるよりも、ケガは大丈夫?のようにいたわりの言葉をかける方がお互いに、人間的に得るものが多い気がします。 大人だって転んだら辛いのに子供なら尚更です。

転ぶ→ショック + 痛い + いたわり無し = 泣くしかないって感じです!

 

走って転んだ 転倒1

 雨風が強いある朝、私は仕事の朝番でダンボールを店から外のゴミ置き場に運んでいました。 その時に、ひとしきり強い風にあおられ私がさしていた傘が吹っ飛ばされてしまいました。

私:「ヤバイ!通行人に傘が当たってケガでもしたら大変!」

 私は走って傘を追いかけました。ひっくり返っている傘に追い付き、持ち手をつかもうと一歩踏み出した足が 傘のビニールを踏んでしまい、滑って転んでしまいました。 私はびっくりした自分を落ち着かせたかったのか、「転んじゃった…」独り言をもらしました。 すると傍らの通勤途中のサラリーマン風の男性が「大丈夫ですか?」と声をかけてくださいました。 その一言で私は我に返って、すぐに立ち上がりました。

私:「はい。ありがとうございます 。」

 いい大人なのに転んじゃったというショックからすぐに立ち直ることができました。飛ばされた傘が人や物に当たらずに済み、自分もズボンが少し濡れた程度でした。

 

自転車 縁石の段差で倒れる 転倒2

 ある日、商店街で買い物をした帰り、私の自転車の前カゴ、後ろカゴには野菜や肉魚など食料品が満載されていました。道路の縁石の小さな段差を自転車で 通過しようとした際に、前輪を段差に取られて私は自転車ごと転倒してしまいました 。この時、周りには通行人はおらず、私は強い気持ちですぐに立ち上がり、倒れた自転車を起こしました。 一旦スタンドを立て、自転車のカゴからこぼれ落ちた食料品を回収し、自分の手足を軽く動かして無事を確認。痛いのは手の平と膝の擦り傷だけでした。

 この件を教訓に、道路の縁石を自転車で通過する際は、必ず直角に近い角度で段差に入るようになりました。 40代にしてようやく注意するようになった有様です 。皆さん、今までご無事でしたか?


f:id:midoer:20190708165337j:image

 

自転車のハンドルが電柱に…転倒3

 私の住む横浜は坂の多い街です。私は根性で普通の自転車に乗っていますが、実は電動自転車の方が多いのではないでしょうか。ある日、新宿へ外出する用事があって、自転車で最寄駅へ向かいました。私は車道の左側の端を通行していました。前方で車が数台停滞しており、車の脇を通り過ぎるのは困難と判断して、ガードレール内側の歩道に入りました 。歩行者はいませんでした。歩道と言ってもガードレールの内側は、幅が狭い上に真ん中に電柱が立っています。 私はペダルを漕いでいませんでしたが下り坂で少しスピードも出ていて、自転車のハンドルの端が電柱に接触してしまいました。 次の瞬間、電柱とは反対側のブロック塀へと自転車は倒れそうになりました。 しかーし、自転車が倒れるほどのスペースもないので、私の顔がブロック塀に当たって止まりました。 少し顔面が火照るしヒリヒリするけど…斜めになった自転車を持ち直し、体勢を整えてまた駅へと続く坂道を下っていきました。

 駅のトイレで顔面の傷を水洗いして、鏡を見てみると左ほほの上の外側がすれて少し血が出ていました。 私はそのまま外出を続行し、その日のうちに皮膚科には行きませんでした。

 実は後日わかったことですが、顔をケガした際は 軽症でも皮膚科にかかっておくと安心です。適切に処置をしてくれるのはもちろん、拡大鏡?を使って細かな異物が皮膚に残っていないか確認、洗浄してくれるそうです。細かな砂やホコリが皮膚に残ったまま傷が再生するのを防ぐためです。 私の場合、自分の手当てしか行わず、傷は治ったものの、うっすら傷跡が残っている気がします。40代のシミやら何やらでよく分かりませんが…

 まだこれからの方や取り返しがつく方、気をつけてくださいね。

 

今日のまとめ

・ 誰かが転んだら、周りのいたわりの声がきっと励みになります。

・自転車で縁石に乗り上げる際は進入角度にご注意を!

・もしも転んで顔面にケガをしたら、皮膚科など専門医にかかっておくと安心です!