住宅ローンをスピード完済した家

地球にやさしく貯金も増える暮らし

あなたならどうする⁈タランチュラ編

こんにちは

 前回、私も娘も庭いじり土いじりをしているから虫はあまり恐くないし平気と書きました。 しかし、もちろん黒いアイツ (G のコト)や毛虫 、大きなクモは平気じゃありません。すごく恐いです。

 思い出しました。15年ほど前に我が家にタランチュラが出現した出来事 を…

 実は起こりうる身の回りの災難。知っておくといざという時に対処の助けになります。あなたならこんな時どうしますか?


f:id:midoer:20190704102956j:image

突然の 災難

 それは娘が生後数ヶ月だった頃の出来事でした。 平日の午後、私は A型ベビーカー(ほぼフラットになる新生児用)に娘を乗せて、近所のお散歩から帰宅しました。 私は娘をベビーベッドにおろしてから、玄関の中に入れたベビーカーをたたんで壁際に置きました 。

 次の瞬間、ボトッ!ワラワラワラワラ… 大きな黒い塊が、ベビーカーを置いた 衝撃で床に落っこちて 玄関の段差をのそのそと登り、すぐ隣の和室に入って行きました!

 「 えっ?何?」和室の戸が開いていたので、あっという間にその黒い塊が部屋の中に入ってしまいました。 恐る恐る和室を覗くと壁にあのタランチュラがくっついていました !「えっ?何コレ?何がどうなったの?何で目の前にタランチュラがいるの?」

 現実を受け入れがたく、恐怖で 血の気が引いていきます。 どうやらお散歩中に林の脇を通った時にでも、黒いベビーカーにタランチュラが潜り込んでしまっていたようです。

 テレビとかで見たことのある、大人の手のひらサイズのクモで、胴体は大きく、脚も太くて、全身にびっしりと毛が生えていて黒いし、すごい存在感です 。

 とりあえず和室の戸を全部閉めて、赤ちゃんの娘を2階へ運び安全を確保しました。「どうしよう…あと2時間位したら夫が帰宅するけどクモは大の苦手だし、しかもタランチュラと対峙なんて絶対無理だろうし… うーん。どうしよう私がやるしかないか…」

 虫取り網はウチにないから…私はバスタオルとレジ袋を持って、タランチュラを警戒しながら和室の戸を開けました。「とこ?どこにいる?」いました天井に!スゴい存在感だからすぐに見つけました。私は勇気を振り絞ってバスタオルをタランチュラめがけて投げつけますが、何回やっても落ちてきません。タオルが当たっても不動で 何か私に糸を吐いてるみたいで少しベタベタしました。「 だめだ。どうしよう…」恐怖で手足が冷たくなってくるし、全然いい考えも思いつかない…

 私は一旦和室を後にして戸をきっちり閉めた上で落ち着いてよく考えました。

 

ピンチな時ほど冷静に…

 「そうだっ!近所にある便利屋さんに頼んでみよう!」

 家から歩いて1〜2分のご近所にチェーン店の便利屋さんがあります。その当時 PC もスマホもなかったので私はすぐさま走って行きました 。

私:「すみません。うちになぜか大きな毛グモが入り込んだんです。駆除していただけませんか?うちすぐ近所なんです。」

 お店の受付の方もびっくりした様子でしたが、「それはお困りですね。すぐにスタッフと連絡を取ってみます。」

ドキドキ…

お店の方:「今の現場から引き上げ中で、もう間もなく戻るので、すぐに伺うそうです! 」私 :「ありがとうございます!」

 私は自宅の場所と名前、連絡先を伝え、家に戻りました。 ほどなくして便利屋さんの店長さんが来てくれました。 手には長い虫取り網?タモ?と殺虫剤を持っています。

私:「こちらです。」和室へと案内しました。私は隣の部屋 に行き、戸を閉めました。

 店長さんの声が聞こえてきます。「思っていたより全然デカい!」扉越しに店長さんとタランチュラの一対一の緊迫した様子が伝わってきます。

 

恩人すぎる…

 しばらくして店長 さんが「奥さん、もう大丈夫ですよ。」と言いました。

私:「良かった。どうもありがとうございました!」

 店長さんは配慮して部屋の中では殺虫剤は使わず、タモでクモを捕まえてくれました 。店長さん:「じゃあ外に離しますね。」

私:「また戻ってきたら怖いので遠くでお願いします。 」

 結局、店長さんが外で殺虫剤でクモを処分しました 。

 さてお会計、 私は出張費3000円は近所だからサービスしてくれるかもと期待していて、作業代を5000円前後と覚悟していました 。

店長さん:「初回のお客様には簡単なアンケートをお願いしています」

私が記入して店長さんに渡したところ、「あれっ!うちの奥さんと誕生日同じじゃないですか!すごい偶然ですね 。じゃあ今回は1000円でいいですよ。」

私: 「本当にいいんですか?ありがとうございます! 本当に助かりました !」

大恩人の店長さんは笑顔で帰って行きました。

今日のまとめ

タランチュラと呼びましたがオオツチグモというそうです。

・ ペットが逃げたのか生息しているクモかは不明 。

・牙に毒があるが人間に死亡例はなく微弱。

・腹部に刺激毛があり身の危険を感じると飛ばす 。

・その刺激毛が人の皮膚につくとかゆみが出る。目に入ると最悪失明する場合もある。

(私は幸い皮膚のかゆみも目も大丈夫でした)