住宅ローンをスピード完済した家

地球にやさしく貯金も増える暮らし

節約はメリハリで 海のリゾートも

こんにちは

 今回は、節約はメリハリで日々の無駄遣いを減らせば、レジャーにお金を回せます。「国内海外旅行も楽しみつつローンは 返済できます」というお話です。

 

南の島の楽園

f:id:midoer:20190623112119j:image

 

 新婚旅行のオーストラリアが初めての海外旅行だった夫は、その楽しさに海外旅行が大好きになりました。 2001年に マイホーム購入。 住宅ローン返済中も モルディブ、イタリアへ 旅行しました。

 2004年に娘が生まれてからは、国際線は2歳未満が運賃がかからない(大人運賃の1割と 大人と同額の燃油サーチャージは取られた) ので 家族3人でグアムに行きました。国内線は3歳未満だと航空運賃がかからない(座席なしで抱っこで座る)ので娘の誕生月前に宮古島へ行きました。

 モルディブへ行った時に、夫婦でシュノーケルの道具を 購入してから 、南の島へ旅行する際の必須アイテムになっています。モルディブで体験ダイビングをしましたが、怖がりの私にはシュノーケリングで十分です。フィン(足ひれ)も転んでから使ってません。私は あまり泳げないので浮き輪または ライフジャケットは不可欠です。

 モルディブは、インド洋に浮かぶ本当に小さな島々の集まりです。( このまま地球温暖化が進むと100年後には 沈んでしまう と言われています。 )南の島の楽園のイメージ通りの空間です。 私たちが訪れた「ハクラクラブ」というリゾートも歩いて 数分でまわれるとても小さな島です 。あるのはホテルと水上コテージと 目の前に広がるエメラルドグリーンの海と白い砂浜だけです。ただただ海を眺め 、海とたわむれる時間は心が洗われるようです 。インド洋の 宝石 と呼ばれるモルディブの小さな島々、 ぜひ 訪れてみませんか?

 私たちが滞在した島のホテルはオールインクルーシブ、つまり 飲食代がすべて含まれている料金システムだったので 私たち夫婦には最適でした。ケチな私たち夫婦がお財布を気にせずに、食事のアルコールやアフタヌーンティーを楽しめました 。 三食及びおやつ付き 、食べ放題飲み放題でしたが毎日海で泳いでいたので、太りませんでした。ただ二人ともリゾート滞在中は、トイレ(大)の回数が普段の倍になって しまいました。

 

沖縄の離島がスゴすぎる

 

 私は独身中にハワイや沖縄の 西表島座間味島へ旅行したことがありました。娘が生まれてから再び家族で宮古島へ行き、「海外のリゾートもいいけれど、やっぱり沖縄の離島は素晴らしい」と再認識しました。羽田から那覇まで約2時間半で、そこから離島へ移動してもグアムよりもお気軽に行けます。言葉、食事の 心配もありません 。

 座間味島シュノーケリングをした時、色とりどりの熱帯魚たちがサンゴの周りをたくさん泳いで いる光景を目の当たりにして驚きました。まるで竜宮城をのぞいているみたいな気分でした。 ハワイ、モルディブで グアムでシュノーケリングしましたが、沖縄の離島にはかなわないと私の中で結論付けました。  砂浜から歩いて数メートルの所にリーフ(サンゴ)があるビーチもあるので泳げない人でも海の中のお魚たちを観察できます。スキューバダイビングのように船でポイントまで移動するわけではないので、好きな時に海から砂浜に戻って休憩もできます。

 熱帯魚には本当に色々な形や色の種類があって、時間も忘れてずっと海の中をのぞいていても飽きません。ニモでおなじみのカクレクマノミは、決まったイソギンチャクの所に住んでいます。オレンジ色の体に白の縦のシマが入っているのですが、種類の違いで1本入り2本入り3本入りのクマノミがいます。縦縞3本入りのニモを見つけた時は大当たりの気分です。

 小さな真っ青な魚の群れや、ほぼ三角形の黄色、やはり三角形で白に黒のシマシマ模様の魚(熱帯魚代表みたいなヤツ)、太刀魚の一種なのか、銀色で長い魚もスイスイと泳いでいて、それらを眺めていると自分も海の一部になったような、ふわっとした気分になれます。

 名前は分からないけれど愛嬌のある魚もいっぱいいて、いちいち振り向く黒い魚や、私たち夫婦が「ウスノロ」と「ブサカワ」と 呼んでいた魚もいました 。

 晴れた日にシュノーケリングをすると、海の底の白い砂まで太陽の光が届いて、水面が揺れてキラキラしてキレイです。 海の中から白い砂、透明な水、青空の3つを視界に入れることができるのですごい爽快感です。

 海外も国内も航空運賃、ツアー代は高額なだけに、時期を選んでなるべく安くてお得なプランを 選択しています。


f:id:midoer:20190623112251j:image

スマホにないから海の写真の落とし込みができない… 家にある水濡れ OK の 魚のミニ図鑑より

 

レジャーリーダーがしっかり下調べ

 

 旅行代金は、1週間、1日ずれるだけで 何万円も変わってくるので 見極めが 重要です 。旅行サイトの料金表をじっくりと比較して決めましょう。月、日にちはもちろん、曜日や時間帯の違いで料金に差があることをよく認識しておきましょう。

 

 我が家のレジャーリーダーは夫です。彼は、季節のレジャーを楽しむことが上手な人です。春は梅や桜のお花見。湯河原の梅林や河津桜 。 イチゴ狩りやたけのこ掘りもやりました。夏は海。南の島ではシュノーケリング九十九里浜ではボディボードを して、焼きハマグリを食べました 。秋は紅葉。昇仙峡や河口湖 。冬はスキー。娘が3歳になってから毎年、苗場や越後湯沢などにスキーに行っています 。レジャーリーダーがまめにお得情報やグルメ情報を調べて、レジャーを企画、実行してくれるので感謝しています。

 

今日のまとめ

 

 海が好きな人は、沖縄の離島でのシュノーケリング、絶対試して欲しいです!

 イメージ通りの海の楽園でまったりしたい人は、モルディブおすすめします!

 住宅ローン返済中でも、節約のメリハリで春夏秋冬のレジャー楽しめます 。

レジャーリーダーありがとう!

あなたの家のレジャーリーダーは誰ですか?