住宅ローンをスピード完済した家

地球にやさしく貯金も増える暮らし

私定時に帰ります

こんばんは。

 今日は ウチの夫、イチサラリーマン のライフスタイルの話です。

 

ローンは10年20年で完済できる

 結婚相手がウチの夫じゃなかったら、住宅ローンを7年でスピード完済なんて経験できなかったかもしれません。 例え、同じくらいの年収のある人でも実現させようと思わなかったでしょう。

 一般的に住宅ローンは、30〜35年で設定します。「 住宅ローンは 一生かけて払う。」というイメージすらあります。 ところが夫は 、

無駄遣いをしない→ 貯金する→繰り上げ返済

というシンプルな方法で 2800万円のローンを10年かからずに完済しました。

 

 住宅購入時、夫は31歳。年収は560万円 (税金や社会保険料等を引かれると400万円弱) でした 。月収は約30万円で 税金等を差し引かれ、振込支給額が23万円程度でした 。年収にもよります が、私達の実体験もあり、住宅ローンは10年20年で返すことも可能だとわかります。

 

ケチだなぁ

 うちの夫は子供の頃から、 名古屋のお母さんに 「しっかりせんと金はたまらんぞぉ。」 と言い聞かされて育ちました。 その甲斐あって、彼は23歳で 就職して、29歳で結婚するまでの間に1000万円貯めました。 その虎の子のお金の存在は結婚してから私は知りました。

 付き合っていた時はいつも割り勘で、めったに奢ってもらいませんでした。 特に覚えているのは、私が 失業中で彼にボーナスが出た時に、フレンチレストランで 5000円のコース料理をご馳走して くれた時のことです 。 食べ終わって店を出て 、「ごちそうさま」という私に 彼が一言 「これでボーナスの恩恵終わり !」と宣言したことでした。 私は 「 この人ケチだなあ⁈」と思ってしまいました。

 夫は、シンプルなものが好きでセンスも良いのですが、いつも同じ服を着ていました。 夏はコレ冬はコレといった感じで、2〜3パターンくらいの 服装でした。 冬に会った時に、いっつも同じセーターを着ているので、私は「なんで、この人毎回同じ服着ているんだろう?」と 何かイラッとしたのを覚えています。

 


f:id:midoer:20190612171813j:image

 

お金を使わない夫の日常

 

 現在も夫は、服や車に過剰にお金を使うこともなく、飲みにも行かず、いつもまっすぐ家に帰ってきます。 こんな夫ですからパチンコや賭け事は一切やりません。 タバコは吸わないし、お酒は家で飲んでいます。 コーヒーが好きなので、自宅にはコーヒーメーカーとエスプレッソマシンがあります。夫の職場の机にはインスタントコーヒーと マグカップを常備しています。夫は、 毎日コーヒーを飲みますが缶コーヒーは全く買いません。基本、 外で飲み物を買わないので 、お金も節約でき、余分な糖分も取らないで済みます。

 夫の平日は外食もせず、昼は私が作るお弁当、朝夕は家で食事をするので、 40代にしては顔もお腹もさほど太っていません 。帰宅後に 趣味で筋トレを日課にしている のも大きいです。

 

我が家の事務手続き担当

 夫は真面目で、 面倒くさい ことでも後回しにせず、きちんとやるタイプです。物事の先々を考えて計画を立てます。 決めたことは基本やり続けます。 これは彼の習性とも言えます。 だからこそ、繰り上げ返済の事務手続きも  7回もやってくれました。

 繰り上げ返済をすると、 借金がドーンと減るので くせに なります。 ローンの総額が減るので究極の節約になります。

 

出世よりも家庭が大事

 

 本当に、夫は無駄遣いをしない人間です。だからと言って、つまらない毎日を 送っているわけではありません 。夫は家族と過ごすのが大好きです。家族で 毎年、冬はスキー、夏は沖縄旅行、千葉の海にボディーボードをしに出かけます。 普段の休みの日は、筋トレ、犬の散歩、卓球、ウチ食、外食 を楽しんでいます。

 夫の会社はフレックス制ですが、 朝一番に出勤して定時に帰宅します。夫は、比較的手際よくこなすタイプで、効率よく仕事をすれば、定時に退社できるようです。 もちろん、イレギュラーで残業することもあります 。「定時ですぐ帰るのは、何となく恥ずかしいのか 誰も終業直後に帰る人はいないけれども、 時間内にきっちり仕事をしているから 自分は、定時で退社 しても平気だ。」と夫は言います。 ちゃんと仕事をやっていれば周りの目なんか気にならないと言います。 夫は、朝7時半に家を出て18時過ぎに帰ってきます 。なので我が家では毎日、家族揃って晩御飯を食べています。 食事の支度と後片付けが、一度で済むので大変助かっています。 世間体や出世よりも、家族との時間を大切にして くれる夫のことを私は尊敬しています。

 今回は、夫の良いところしか書いていませんが、もちろん悪いところも 多々あります。夫のせいでかなり苦労している部分もあるので、聞いてみたいという方がいらっしゃるなら、その話もしてみたいです。

 

 仕事にも色々あるし 、仕事が生きがいという人もいるし、家族も仕事も両方大事という人もいるでしょう 。うちの夫は仕事は、家族と幸せな生活を送るための基盤 、手段に過ぎないと考えています。 どんなに忙しい職場で仕事ができる人でも、実はその人の代わりは見つかります 。でも家族の代わりはいないのです。 一度、「自分にとって何が大事か。」考えてみませんか?

 


f:id:midoer:20190612215239j:image

 

今日のまとめ

 

 近年、「ワークライフバランス」という言葉を耳にします 。仕事と生活の調和という意味です 。仕事も プライベート も両方大事ですが、忙しい人こそ、自分のライフスタイルを 見つめ直してみるといいかもしれません 。世間はさておき、自分は何を大事にしたいですか?