住宅ローンをスピード完済した家

地球にやさしく貯金も増える暮らし

老後資金2000万円

 こんにちは。

 ブログ4日目の昨日、 9名の方がアクセスしてくださいました 。しかも2名に★星 をつけて 頂きました。

 どんな人たちが 読んでくれたのかしら? まだよくわかっていませんが ★星をつけてくれた方々のブログも読んでみたいです。 やり方を調べてみます 。はてなブックマークなるものも学んで活用していきたいです。

 


f:id:midoer:20190610162342j:image

 

老後資金2000万円

 先日、金融庁が「老後資金1300〜2000万円が必要」とする試算を出しました。 金融庁の報告書では 、定年後、夫婦共に無職の世帯の 毎月の収支は、 年金収入約20万円。 支出約26万円と想定。寿命を95歳として 毎月の赤字額を計上すると2000万円位の準備が必要 という事でした。

 

家計簿のススメ

 老後のお金の心配ばかりさせられる 風潮がありますが 、定年後は 住宅ローンも生命保険料の払込も終わり 、子育て費用もかからなくなっていますよね。

 私は、2000年から 簡単な家計簿をつけています。 レシートを貯めておくケースがあって余裕がある時に集計して 、ノートに毎日ではなく月ごとで記録しています。 食費、外食、日用品、 レジャー 、各種公共料金 、その他という感じで 支出の内訳が大体わかります。 私はズボラなので、 3ヶ月分位たまってから 手作業で電卓で計算しています。 2000年当時 、まだスマホも 家計簿アプリも身近には存在せず、 私は、アナログタイプなので 惰性でそのままやってます。レシートの出ない、 ネットで購入したものなど…支出計上を 忘れることも多いと思います。ただ抜けていても、 主な支出の様子がかなり分かるので、数カ月分でも 家計簿をつけてみることをオススメします!

 家計簿をつけてみて、 月の支出が20万円をいくら上回るのか。 今の暮らしと 将来の家計について 考える良い機会だと思います。

 

 うちの場合、 家計簿をさかのぼってみると ここ20年近く、 月の支出額は 、大体16〜 22万円です 。国内や海外旅行で 出費が 特に多い月は 、25〜30万円、 まれに50万円という支出額でした。

 

**********************************************

【参考 2018年2月 我が家の支出の内訳】

食費    73189円

外食    17179円

その他13501円

被服   850円

犬 関係  8100円

車関係 21340円

電気        4518円

ガス        6814円

水道        9002円

スマホ    6741円

固定電話2885円

生命保険16675円

家庭教師15000円

 

支出合計195794円

******************************************

 

 もれている支出もあるかもしれませんが、大体イメージが分かります。 ちゃんと全項目埋まっているのが 直近のものでは、2018年の2月で、今年のは穴だらけで、まだ記入があまりできていなかったです。 スミマセン。

 こんな雑な家計簿でも、2000年と近年では食費が倍に増えていることがわかりました。 娘の成長と住宅ローン完済で 節約モードが 変化した影響だと思います。

 現役で収入がある間は、 我が家のこの支出具合でいけば 、年間100万円〜数百万円貯金できます。

 実際に2000万円以上貯金ができました。

 

今日のまとめ

 もしも自分の家の支出の内訳が 全然わからないという場合は、 2〜3ヵ月でも 家計簿を試してみると良いと思います。今は便利なアプリなんかも登場していますから!( 私は使えていませんが…)