住宅ローンをスピード完済した家

地球にやさしく貯金も増える暮らし

神奈川 全私学展に行ってきました

こんにちは

 先月、6月15日に行われた全公立展に続き、神奈川全私学展に昨日7月15日に出掛けてきました 。私立高校の見本市とも言えるこのイベントも20回目を迎えたそうです。

 先月の全公立展は、人、人、人の大混雑で入場まで50分ほどかかりました。一方、全私学展は、まるっきりスムーズに流れていて、停滞もなくすぐに入場できました。( 両方とも比較的空いている と予想されていた13時頃会場に到着しました。)

 昔と違ってしっかりと高校選びができる今の子がうらましいです!


f:id:midoer:20190716101245j:image

 

何にも考えていなかった自分

 私が高校生だったのは30年も前のこと… インターネットのイの字もなく、大した情報も得られず、調べる気もなく、何も考えずに偏差値だけで志望校を決めていました。

 もしかしたら自分の家ぐらいだったのかもしれませんが…3人兄弟の末っ子だった私は兄二人が公立高校へ進学したので、自分も公立高校へ行くものだと何の疑問も持っていませんでした。 当時、神奈川県内では細かく高校の学区が分けられており、選択可能な公立高校は10校弱でした。 学区内で、自分の偏差値で入れるであろう公立高校をただ単に選びました。

 学校の特色や学科、盛んな部活動などは、これっぽっちも一切調べることはなかったです。 滑り止めで受験した私立高校も偏差値と通学可能な所在地かどうかだけで選びました 。自分も親も本当に何も考えてなかったんですね 。

 だから小中学校が一緒で仲が良かった友達の一人が 私立高校に入学すると知った時には、私は衝撃を受けました。 しかも「大学の附属高校なのでエスカレーター式に大学に 入れる」という、当時の私には知らないことばかりであっけにとられました。 私は、何も知らない、何も考えていない中学生だったのでちゃんと選んで学校を決めた子がうらやましいです。

 

私がいた昭和という時代

 私は第2次ベビーブーム世代です。 当時、神奈川県は 「 100校計画」なるものを打ち立て、急いで県立高校を建設しました。私が高校生の時に、部活の練習試合で訪れた県内の 他校の校舎の作りが自校とそっくりで驚いたことがあります。

 当時、私の通う県立高校では県の財政難をまともに受けていたのか、 LL 教室にヘッドホンや機材の類は一切なく、ただの広い教室でした。 

 冬は教室のど真ん中に石油ストーブを設置するのですが、灯油の配給日前にタンクが空になってしまうことがあり、クラスメイトや自分がコートを着て授業を受けていた記憶があります。今では信じられないですよね!昭和の昔にはあったんです。 なんだか愚痴っぽくなってしまって、ごめんなさい。

 

何でも調べられる今だから

 時は流れて、現在、受験生の娘と公立展と私学展で、色々な高校の様子を見学し、普通科だけでなく専門の学科があったり、自分でカリキュラムを選択できたり、学食、部活、修学旅行など各校の特色を知ることができました。

 昔の私がちゃんと色々な高校のコト、知っていれば自分の進路、将来が大きく変わっていたかもしれません。

 私は、惰性で進学、就職をして、ただの会社員になりました 。私は職業○○と言える人がかっこいいなと思います。 ○○には、看護師やパティシエや職人など…名乗れる肩書きに憧れてしまいます 。

 必ず結果が伴うわけではありませんが、自分の将来のコト、もっとしっかり考えれば良かったと後悔しています。

 私はちゃんとやらなかったから、これからの人には「自分でしっかり調べて、しっかり考えて」もらいたいです!


f:id:midoer:20190716104105j:image

 

今日のまとめ

・午後入場でも1時間かかった全公立展に比べ、全私学展はすぐに入場できました 。

 

・今はインターネットや学校説明会等を利用してしっかりと高校選びができる時代です。

・私みたいに惰性で進学せず、これからの人には「自分がやりたいコト、将来のコト」しっかり考えてほしいです。

 

・おまけ…私学展の帰り、パシフィコ横浜から桜木町駅に向かう途中で、ランドマークタワー内では岡本真夜さんのミニライブを近くで目撃、 歩く歩道では日本丸の帆をたたむ光景を発見!盛り沢山のみなとみらいでした。