住宅ローンをスピード完済した家

地球にやさしく貯金も増える暮らし

10代で大切なのは勉強だけじゃない

こんにちは

 私は、自分の子供が小学校から帰ってきたら玄関にランドセルを放り投げて「遊びに行ってきまーす!」というのが理想でした。 でも残念ながら、その光景は日常的なものにはなりませんでした。

 

今のうちに遊んでおきなっ

 娘が小学生の時に、「中学校に行ったら勉強、部活が忙しくなるから、今のうちに思いっきり遊んでおきなっ。」私はよく言っていました。

 娘が小学校低学年のうちは、放課後に友達と遊ぶこともありました。 ウチの住まいは区が入り組んでいるところで、小学校の学区の一番端で、 近くで遊べる公園や お友達の家があまりなかったです。 娘も内気な性格で、すぐに大勢と仲良くできるタイプではなく、気の合う子とは、すごく仲良しになるタイプでした。 残念なことに親友になった子は転勤や家の購入などで次々と引っ越しして行きました 。

 私はびっくりしたのですが、娘の通っていた小学校では、約半数が私立の中学校へ進学します 。受験する子は7割前後いるみたいです 。なので小4くらいから塾や習い事に行く子がとても多かったです。 長い夏休みを乗り切るために親の私もお友達の親にアポイントを取ろうとしたら 、夏季プールに申し込んだとか、体操教室に行くとか、遊べる子を見つけるのが大変でした。

 

子供のうちに心置きなく遊んでおこう

 習い事もやっていなくて、娘と気の合う友達が見つかり、その子とは夏休みの度に、お互いの家に「泊まりっこ」をしました。夏休みに、自分の家に子供だけ泊まり来て、また別の週にお友達の家に子供だけ泊まらせてもらいます 。

 娘と友達は二人共、「どこかへお出かけするより二人で遊んでた出た方が楽しい!」と言って喜んでいました。まあ小学生なので、ごっこ遊びをしたり、水遊び(外で水鉄砲やら水風船やら)が楽しいみたいです。

 お友達は、お昼に我が家でチャーハンを食べた事により、長ネギ嫌いを克服できたそうです。食わず嫌いだったみたい。

 ウチの娘は一人っ子なので、お友達とそのお兄ちゃんと一緒に生活し、兄弟のいる暮らしを味わうことができました。

 私も子供の頃に友達や親戚の家に泊まりに行った時のことをよく覚えています 。それはレジャーだし、非日常だし、普段の習慣や親からの解放でもあります。


f:id:midoer:20190725103649j:image

土曜日登校と授業時間 増やす傾向

 私の世代は、小学校、中学校、確か高校も週休2日制ではなく、土曜日は「半ドン」と言って、午前中、学校がありました。土曜日のお昼は、お父さんも一緒にご飯を家で食べていた記憶があるので、当時会社も週休2日制ではなかったんでしょうね。私が大学を出て就職をした1994年頃には、世の中は週休2日制になっていました。

 

 娘が小1の時には、週に1日だけ4時間授業の日がありました。 市内の別の公立小学校では、小1から毎日5時間6時間授業で4時間の日がありませんでした。 市内でも学校によって時間割が異なります。

 娘の小学校では毎日必ず、まあまあの量の宿題が出ました。漢字練習や算数のプリント類でした 。自分が小学生の頃、宿題が出る日はあまりなかったと思います。

 今の娘の中学校では、小学校ほど毎日宿題は出ません 。ただ何かにつけ「評価、評価」って感じがします。「 〜しないと評価が下がる 」娘からよく聞く言葉です。

 これは娘の中学校に限らず、他もそうなのか?地域によるのか?どこでも大体そうなのか?今の時代そうなのか?私には全く分かりません。

 今、中3の夏休み。高校のオープンキャンパスや説明会なども開かれ、学校選びも課題です。 高校展と学校見学、資料の閲覧と合わせて、実際の生徒さんのネット上の書き込みも参考になります。

 「勉強ができないと人として扱われない」とか、「活躍している部活動の生徒がえばっている」とか、「陰キャラでも比較的、学校生活を送りやすい」とか…

 高校も (最近初めて知ったんですけど)土曜日に授業を行う週6日制の学校が増えてきているようです。 私立に多いのかな?

 娘は土曜日に授業がある学校には行きたくないと言っています。私もそう思う。

 

勉強は手段に過ぎない

 私は自分が放任主義で育ったから、「現代の勉強と成績こそ最重要課題!!」みたいな考え方に反発してしまっているのかなぁ?

 私は、「やっぱり10代で大事なのは勉強だけじゃない!」と考えてモヤモヤしていたら、少し光が見えてきました。 昨日の朝の情報番組で、都立麹町中学校の取り組みを紹介していました 。この中学校では、クラス担任と定期テストを廃止し、体育祭、文化祭を生徒指導の行事にしました 。公立中学校において、かなり大胆な改革を成し遂げました。

 尾木ママの解説によると、この中学校の狙いは 「✕勉強ができる子を育てる  ○社会に出て通用する人を育てる」 ということでした 。そうそう!私の考え方と結構重なっていて嬉しい!( ただの主婦なのに…なんかごめんなさい 。)

 とにかく勉強は、先々その子が輝くための手段に過ぎません。将来のことを少しずつイメージしながら、かけがえのない10代を青春を謳歌してほしいです 。まぁ結局、周りがなんと言おうが言うまいが、どうするかは本人です。今日も傍らから見守る母なのでした。

 

今日のまとめ

  • 小学校時代にいっぱい寝て、いっぱい遊んでおこう! お友達の家との「泊まりっこ」がオススメ!
  • 勉強は、将来をつなぐ手段に過ぎない。
  • 周りがどう言ってるか、じゃなくて自分がどうしたいか!